FC2ブログ
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
孤独も、苦痛も、不安も、後悔も、すべて俺一人のものだ。
構いやしない、どうせ移り気な人間だ。気なんかいくらでも変わる。
名前も、個性も、人生だって変えてしまおう。
そうすれば、そのうちに元の自分なぞ思い出せなくなるに違いない。
それでいい。
なあ、そうだろ?

人の身体の細胞は時間をかけて入れ替わる。
なら魂までも入れ替えてしまえばいいのだ。
信仰は最初から持ち合わせていない。
信念なんていくらでも曲げてやる。
信頼など、疾うに失っていたのだろう?
そんなものばかり要求する現実には、俺もすぐにでも幻滅してしまえばよかったのだ。
世間が口にする「自分らしさ」。身体という器があってようやく「それらしく見える」ような気がするだけの、空っぽで、驕り昂ぶった押し付けの「自分らしさ」、そんなものを信じるな。親切なふりして強要してくる友人という名の他人を、信じるな。
目で見えないものにこそ真実がある、なんて話も聞くが、所詮それだって自己欺瞞だ。「そうあってほしい」という勝手な思い込み、自己強要、あるいは他者からの押し付け、それはアリガタ迷惑以外の一体何か?
振り回されるのにはもううんざりした。
勝手気ままに生きれば良かったのだ。
我侭だ、無責任だといわれようと、孤独に行き、遊び、刹那の中で死ねば良かったのだ。
「お前が心配だ」
誰かの声がする。
だがもうその声は届かない。

こそこそと、俺の知らないところで世界は動く。
気がふれてしまったと嘆くふりをし、あるいは潔く嘲り、あるいは侮蔑とともに同情を向ける。
俺の行為には、呼吸一つ、瞬き一つ、鼓動一拍にまで狂気という理由がつけられる。
「奴は狂っている。奴は気違いだ」
もはやその言葉も聞き飽きた。
だったらそんなもの捨ててしまえばいい。
今日でこの世界ともサヨナラ、今まで世界と思っていたモノたちでさえ、所詮この俺の脳が作り出した、欺瞞。



だから壊すのだ、裏切るのだ、この愛も、肉親も、友も、世界も。

孤独こそがわが友 ハムレット

スポンサーサイト
06.11 (Mon) 23:59 [ 衝動 ] CM0. TB0. TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。